◆前田薫 

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
大阪地区担当 まえだ・かおる
 
自分を好きになるのって難しいね
私自身も自己嫌悪と向き合い奮闘中のカウンセラーです

両親、特に母親との関係に悩んだことがきっかけで、心理学に興味を持つ。
対人関係や親との関係などで悩んだ自身の経験から学んだことを活かし
感覚的で一緒に考え提案していくスタイルが得意。

田舎のおばあちゃんに話を聞いてもらうような包容力で、母性的で柔らかい雰囲気のカウンセリングには定評がある。
お客様からは「味方になってくれる感じがする」「話しながら気付かされる「客観的に見ることが出来た」等のご感想が多く幅広い世代の方にご支持を頂いています。

主な得意ジャンル
自己嫌悪・人付き合いの悩みなど対人関係全般・家族の問題・母娘の問題・毒親・パートナーシップ全般・宗教の問題 など

50代 既婚 福井県在住 成人した娘と息子(ともに社会人)がいる
最近孫が生まれて、本当におばあちゃんになりました♪
今は主人と二人で生活している。幸せなパートナーシップを実践中

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

maedakaoru

自分で自分のことが好きになれないから、自分のことを好きになってくれる人に依存してしまう

自分で自分に優しく出来ないから、自分に優しくしてくれる人に依存してしまう

恋愛が上手くいかなかった頃は、こういうことに全く気付きませんでした。

flowerPAKE5640_TP_V4

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。


私を好きになってくれる人と付き合う

それは確実に思えたし、何より

「こんな私を好きになってくれる貴重な存在」だと思っていたと思います。

それくらい、私は自分のことが嫌いだったのです。



今から思うと、私は本当に相手のことが好きだったんだろうか?と思います。

好きだったと思います。

でも、愛してあげてなかったなと思います。


好きになってくれること
やさしくしてくれること
愛してくれること

相手からもらうことしか考えてなかったな
自分からあげることは考えてなかったな

と思います。



やさしく、は多少したかもしれません。
最初の頃は自然に出来てたと思います。でも

段々不安になっていく

こんな私、いつか嫌われるんじゃないか


すると

だんだん、彼に対してすることが

自分が嫌われたくないから

という理由になっていったと思います。


もっとやさしくしてほしい
もっと愛してほしい
私だけを見てほしい

相手に求めてばかりの恋愛でした。

今から思うと
充分やさしくしてくれたのに
充分愛してくれたのに
私だけを見ていてくれたのに


私が受け取れなくて

受け取らないくせに、もっともっとって要求して

彼は疲れてしまったんだと思います。



そんな恋愛パターンから抜け出すためにも

自分のことを大切にする
自分のことを好きになる

ということが必要になってくるんです。

これが出来ると、

もっとやさしくしてほしい
もっと愛してほしい
私だけを見てほしい

という彼に対しての要求が減っていくからです。


恋愛が上手くいかないと悩むとき

どうしたら彼に嫌われないのか、とかそういうことよりも

自分で自分のことをどれだけ大切に出来てるか

ということも向き合ってみようって思ってみてくださいね






                                                           

【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。お試ししてくださいね。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。
電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。

オンラインをご希望の方は予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。
時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。

電話カウンセリングは初回無料です。
2回目以降は
4回セット 14,300円(税込み)
単発(1回)5,280円(税込み)
をお選びいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング

【オンライン面談カウンセリング】(ZOOMでの面談カウンセリングです)
ご自宅にいながらオンラインカウンセリングが受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 
【ご意見・お問い合わせ】 
ブログのご感想やご意見などありましたら「カウンセリングサービスお問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム内にある  「お問い合わせジャンル」から「カウンセラーへのメッセージ」を選択して頂き、前田薫宛とお書き添えください。
こちらをクリック→ カウンセリングサービスお問い合わせフォーム

  
【お知らせ】
YouTube「カウンセリングサービスチャンネル」が開設されています。
恋愛やパートナーシップについて、職場や友人家族などの人間関係をよくするヒント、心理学講座、過去の講演などの動画を配信しています。是非ご覧下さいね。


そんなこととはつゆ知らず(^_^; もしかしたら相手は「冷たいなぁ」「何か気に障ったかな?」と思っていたのだろうか?と思いました。自分ではそれを当たり前だと思っていても相手は知らなかった、こんなところから誤解が生まれることもありそうですね。

03ellyri529B_TP_V4

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

1.LINEの文章に句読点をつけるのは冷たい?


先週でしたか、朝の情報番組ZIPで、LINEのコミュニケーションにこのようなケースを紹介していました。
バイト先(だったかな)の上司に対して休みたいと伝えると
「了解しました。」という返信。
このLINEのやりとりで気になる点は何か?というお題でした。答えは

この「了解しました」の後に句読点「。」をつけると、受け取った相手は「冷たい」「何か気に障ったかな?」「嫌われたかな?」と感じてしまう、というものでした。

えええええーーーーーそうだったの?
そんなこととはつゆ知らず、私はずっと句読点をつけてたと思います。
ってことは、LINEの返信相手は私に対して「冷たいなぁ」「何か気に障った?」「なんか嫌われた?」って思わせてしまっただろうか?

その後解説を聞いていると、主に若い人たちが感じるらしく、若い人はLINEを「会話」だと認識していて、私たち中高年はLINEを「文章」だと認識している、ということが主な理由らしいのです。

おそらくですが若い方達は、「文字で会話」しているということらしく、そこに句読点が付いた「文章」が届くことに違和感を感じるのではないかと思うのです。

この事実をテレビで観るまで知りませんでした。もしかしたら気付かないうちに相手に誤解させていたかもなぁと思います。

2.感じ方の違いが産む相手への誤解


若い人の当たり前と、中高年の当たり前。その当たり前の違いが、誤解を生む一例だなと思いました。

「これが当たり前」
「これが普通でしょ」

人間って不思議だなと思うのは、相手も同じことを思ってるに違いないって、つい思ってしまうんですよね。
人間ひとりひとり、色んな考えかたや感じ方あるはずなのに、つい偏った判断をしてしまったり、決めつけてしまうところがあるようです。

これはLINEに限ったことではなく、たとえば「年下の彼はいつか若い女に乗り換えるに違いない」とかね。自分が思ってるから彼もきっと同じことを思ってるに違いない、なんてつい思ってしまうものです。

じゃあどうしたらいいか。

先ずはね、自分が「これが当たり前」「これが普通」という目線で物事を見ていないか、判断していないかってチェックしてみることです。

3.感じ方の違いをコミュニケーションしてみよう


そして、相手がどんな考えを持っているか、どんな感じ方をしているか、コミュニケーションするんです。

今回のようにテレビで取り上げてくれると、私のように知らなかった世代は気をつけなくちゃなぁと気付きます。でもこんな風にテレビで取り上げられることって希ですよね。

今回の例のように、LINEのやりとりで相手からの返信に句読点が着いていて、自分がもしも冷たいと感じたのなら、それを相手に伝えてみるんです。

句読点が付いていても全く気にならないのなら問題はありません。でももし、「冷たいな」「怒ってるのかな?」「嫌われたのかな?」などと感じて不安に思ってるのなら、思い切って聞いてみることを提案します。

今回の私のように、そんなこととはつゆ知らず、多分中高年は、「それが社会人として当たり前の礼儀」くらいに思っていて、怒ってるとか冷たいとか嫌ってるとか、そんな風に思ってないし、そんなことLINEで表現しようだなんて全く考えてないと思うんです。多分殆どの中高年は、そんなつもりはないんだと思います。

言うのは勇気が要るかもしれませんね。

でもね、言ってくれたから誤解が解ける、ってことはあるんですよ。今回のLINEの句読点なんて、全く知らなかったですからね。

言わないで我慢してたら、ずっと「嫌われたのかな?」っていう気持ちを抱えたまま日々を過ごす、相手と接する、ということになると思うんです。そしてその我慢は、要らぬところで爆発してしまうことだってあります。

言うのが怖いから黙っておこう。それも一つの方法かもしれません。でも、我慢して我慢しても、相手はあなたが我慢してることも、ましてこのような誤解があることも知る術がありません。

「言ってくれたらよかったのに」という事例は多いんじゃないかと思います。

人によっては、我慢したくない、怒りをぶつけたくないからと相手と距離を置くことを考えることもあるかと思います。

だけど、相手と長く付き合いたい、いい関係でいたいと思うのなら、勇気を持ってコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

「なーんだぁそういうことだったのか」って思えたら、我慢せずに相手といい関係になれるんじゃないかと思いますよ


                                                           

【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。お試ししてくださいね。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。
電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。

オンラインをご希望の方は予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。
時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。

電話カウンセリングは初回無料です。
2回目以降は
4回セット 14,300円(税込み)
単発(1回)5,280円(税込み)
をお選びいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング

【オンライン面談カウンセリング】(ZOOMでの面談カウンセリングです)
ご自宅にいながらオンラインカウンセリングが受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 
【ご意見・お問い合わせ】 
ブログのご感想やご意見などありましたら「カウンセリングサービスお問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム内にある  「お問い合わせジャンル」から「カウンセラーへのメッセージ」を選択して頂き、前田薫宛とお書き添えください。
こちらをクリック→ カウンセリングサービスお問い合わせフォーム

  
【お知らせ】
YouTube「カウンセリングサービスチャンネル」が開設されています。
恋愛やパートナーシップについて、職場や友人家族などの人間関係をよくするヒント、心理学講座、過去の講演などの動画を配信しています。是非ご覧下さいね。


助けになっていたのは、愚痴を聞いているときだけで、本当の意味で助けることになっていないのかもしれません。

OG458A8165_TP_V4 (1)

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

前回のブログでは、私が母の愚痴聞き係をしていた頃を振り返ってみました。



ほぼ毎日のように愚痴をこぼす母。愚痴をこぼしたくなることは誰だってあると思う。スッキリと吐き出してまた明日から頑張ろう、という姿勢の愚痴はまだ聞けると思いますが、変わる気がない人の愚痴はしんどい。

夫婦仲が悪かった母は、自分は間違ってない、間違ってるのは父、父が変わってくれないと解決できないと思っているので自分で何とかしようとしない。そんな人の愚痴はエンドレスで終わりが見えない、というようなことを書きました。

愚痴の内容はほぼ同じなのです。
両親の夫婦関係は良好とは言えませんでした。暴力的な父だったし私の目にはかわいそうな母に見えました。でも母自身はどう思っていたのだろうか。どうしたかったのだろうか。

幸せではないにしても、現状のままでいいと思っていたのではないか?と思います。

自分の力ではどうにも出来ない、愚痴をこぼしてやり過ごすしかないと思っていたのかもしれない。自分が不幸でいることで子供達が何とかしてくれると思っていたのかもしれない。

父が変わってくれることを願ってる。だから夫婦関係はいつまで経っても改善しない。そうして苦労する姿を見せることで、子供達が自分の為に頑張ってくれる、世話を焼いてくれる。ますます自分では何もしなくなる。という悪循環だったのではないだろうか。

そして、子供達が自分の心配をしてくれる、ということで、「自分は愛されていると確かめたかったのではないか?」と思ったりもします。

  *  *  *  *  *

母との関係に向き合っていくうちに、気付いたことがあります。

「親の愚痴を聞くと決めたのは自分なんだ」ということ。

母から「私の愚痴を聞いてちょうだい」と頼まれたことはありません。(後になって私に余裕がなくなり聞きたくないといったときに「親の話は聞くもんや!」と言われたことはありますけどね。でもそれはずいぶん後の話です。)

私と母と、2人で生活するようになった頃から、母の愚痴を聞くことは自然に始まったと思います。

愚痴をこぼしたい母と、助けてあげたいと思う娘、需要と供給が一致したようなものだと思います。

ずっと長い間、私は母の愚痴を「聞かされてきた」と思っていたのです。


親の愚痴を聞くと決めたのは自分なんだ。

そう気付いたことで、私も「親のせい」にしていたなと思いました。

愚痴を聞くと決めたのは自分、親を助けなきゃと思ったのも自分。

自分が勝手に、親を背負おうとしてたんだ。

それは例えて言うと

夏休みの宿題が大変そうだから手伝ってあげなくちゃ、って思ってるのと似てるんじゃないかと思うのです。2学期には間に合うかもしれませんが、それが本当に本人のためになってるのかどうか。本人の学力になっているのかどうか。

母の宿題は、母に任せてもいいのではないかと思いました。代わりにやってあげることじゃない。

そしてそれは、母が自分の力で自分の問題を乗り越えることを信頼することでもあると思うのです




                                                           

【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。お試ししてくださいね。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。
電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。

オンラインをご希望の方は予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。
時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。

電話カウンセリングは初回無料です。
2回目以降は
4回セット 14,300円(税込み)
単発(1回)5,280円(税込み)
をお選びいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング

【オンライン面談カウンセリング】(ZOOMでの面談カウンセリングです)
ご自宅にいながらオンラインカウンセリングが受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 
【ご意見・お問い合わせ】 
ブログのご感想やご意見などありましたら「カウンセリングサービスお問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム内にある  「お問い合わせジャンル」から「カウンセラーへのメッセージ」を選択して頂き、前田薫宛とお書き添えください。
こちらをクリック→ カウンセリングサービスお問い合わせフォーム

  
【お知らせ】
YouTube「カウンセリングサービスチャンネル」が開設されています。
恋愛やパートナーシップについて、職場や友人家族などの人間関係をよくするヒント、心理学講座、過去の講演などの動画を配信しています。是非ご覧下さいね。


おそらく、私が母の味方になってあげなくちゃ、助けてあげなくちゃと思ったのではないでしょうか。

でも、愚痴を聞かされる側だってストレスが溜まりますよね。

聞きたくないと思うのは親不孝に感じるかもしれませんが、親不孝ではありませんよ。

それに、愚痴を聞くことが本当に母を助けることになっていたのでしょうか?

KMzoukahanataba_TP_V4 (1)

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。


私は母の愚痴聞き係だったなということを久しぶりに思い出しました。

私の家族は4人家族でしたが、父の仕事は遠洋漁業だったためたまにしか家に帰ってこなかったことと、弟は中学を卒業して県外に進学し、高校生になった私が母と2人になった頃から、母の愚痴や人の悪口を言うことが始まったと記憶しています。

もう怒るのが趣味じゃないかと思うくらいの父と母の夫婦仲は悪く、私が母の味方になってあげなくちゃと思っていました。だから、母の愚痴を聞くのは自然な流れになってしまったのかもしれません。私も私で、私がいなくちゃ、なんていう使命感とか、母に必要とされているように感じていたんだなぁ思います。

愚痴の大半は父のことでした。

母の愚痴というのは、相手がどれだけ悪いか、どれだけ間違ってるかを延々と語り、自分は悪くない、自分はこんなに苦労している我慢している、という内容が殆ど。まるで自分は悲劇のヒロイン、演歌の世界、私は世界で一番不幸なの、といわんばかりの内容でした。でも当時は、乱暴な父をそばで見てきたし実際かわいそうだと思っていました。

愚痴をこぼす側はいいストレス解消になるかもしれませんが、聞かされる側は楽しくはないです。でもね、わたし、最初の頃は楽しいと思っていました。なぜなら、愚痴をこぼすときは私の方を向いてくれるからです。これは当時お世話になったカウンセラーから指摘されて気付いたんですけどね。

当時は気付きませんでしたが、母は自分の問題は自分では解決できないと思ってたんじゃないかと思います。自分が不幸なのは父のせいで自分は悪くない。私は正しいと思ってたんでしょう。母は宗教を信仰していますがその姿勢も他力本願的でした。後に私と母との関係にも溝が出来てくるのですがそれすらも、祈っていたら私が変わってくれるとずっと思っていたのです。これは実際に母からの手紙に書いてありました。

  *  *  *  *  *

そう言えば、すっかり忘れていましたが、返事に困るこんな出来事がありました。

理由は忘れましたがなぜか父が料理を作ったことがありました。仕事から帰ってきた私は母から、どっちが父親の作ったお味噌汁だと思うかと味見をさせられたことがありました。味見をしたがさほど大差はない。だから返事に困ったのです。

確実に不味ければ良かったのですが、当然わかるよね?とでも言いたげな母の顔。もし間違ったらどうしよう?と思いながら「こっち」と指さすと、運良く正解だったので私はホッとしたことがありました。母は、ほらやっぱりお父さんの作った料理は不味いでしょ、とドヤ顔をしていました。

ある時期までは母が正しい、父が間違ってると当然のように思っていましたが、常に母が正しいと言わなければいけないプレッシャーみたいなものを感じるようになっていきました。母に対する忖度みたいですよね。

それは、母の思い通りにしないと母の機嫌が悪くなることがわかっていたからです。

母は、同じ女性である娘なら当然わかってくれるだろうと期待してたと思います。そして私が共感することで自分の味方でいてくれることを確認したかったのかもしれません。

  *  *  *  *  *

でもね、殆ど毎日同じ内容の愚痴や悪口を私が仕事から帰ってきて晩ごはんの時に聞かされる。私だって疲れてる、私だって悩みを抱えている。聞きたくない日もある。と思って我慢していたのですがあるとき限界になり

聞きたくないと言いました。すると逆ギレされたのです。親の言うことは聞くもんや!と。

今の私なら「なんでやねんっ」と返すところですが、自信がないのです。私が間違ってるのかな?って。親に言われると子供の私が間違ってるように思えてしまうのです。

その後も娘が自分の思い通りにならないと、泣き落とす、死ぬと脅す、病気をネタに脅す、ここまで育ててやったのに親不孝者だと言われる等々と母は私の罪悪感を刺激してきました。親に親不孝者といわれると辛いですよね。自分がまるで極悪人かのように感じます。

その罪悪感を感じるくらいなら、親の言うとおりにした方がマシだと、愚痴聞き係を選択するわけです。

  *  *  *  *  *

愚痴は吐き出す側はスッキリするかもしれませんが、聞かされる側は気持ちのいいもんじゃないと思います。余裕がないと聞けません。

愚痴をこぼしたいことは誰だってあると思います。スッキリ吐き出してまた明日から頑張ろう、という姿勢の人の愚痴はまだ聞けると思います。が、


変わる気がない人の愚痴はしんどいです。

自分は間違ってない、間違ってるのは父、父が変わってくれないと解決できないと思っているので自分で何とかしようとしない。そんな人の愚痴はエンドレスです。終わりが見えません。


途中ですが長くなってしまったので次回続きを書きたいと思います。

冒頭に書いた「愚痴を聞くことが本当に母を助けることになっていたのでしょうか?」について書こうと思います。

  *  *  *  *  *

あなたが母の愚痴を聞き流せるとか自分で納得してるのなら、聞いてあげてもかまわないと思います。

でも、あなたがしんどいと感じるのなら、無理して聞かなくてもいいんです。

娘の都合にお構いなしに愚痴をこぼしてくるのだとしたら、無理して聞かなくてもいいんです。

母親の愚痴を聞きたくないと思うことは親不孝なことではありません。聞きたくないときは聞きたくないと言ってもいいんです。

とは言ってもたぶん、抵抗されると思います。わかっていても自分の意思を伝えるのは難しく感じるかもしれません。

でもこれだけは覚えておいてください。

親の愚痴を聞きたくないと思うことは親不孝なんかじゃないんです。

あなたの罪悪感が少しでも軽くなりますように



                                                           

【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。お試ししてくださいね。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。
電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。

オンラインをご希望の方は予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。
時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。

電話カウンセリングは初回無料です。
2回目以降は
4回セット 14,300円(税込み)
単発(1回)5,280円(税込み)
をお選びいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング

【オンライン面談カウンセリング】(ZOOMでの面談カウンセリングです)
ご自宅にいながらオンラインカウンセリングが受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 
【ご意見・お問い合わせ】 
ブログのご感想やご意見などありましたら「カウンセリングサービスお問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム内にある  「お問い合わせジャンル」から「カウンセラーへのメッセージ」を選択して頂き、前田薫宛とお書き添えください。
こちらをクリック→ カウンセリングサービスお問い合わせフォーム

  
【お知らせ】
YouTube「カウンセリングサービスチャンネル」が開設されています。
恋愛やパートナーシップについて、職場や友人家族などの人間関係をよくするヒント、心理学講座、過去の講演などの動画を配信しています。是非ご覧下さいね。


新年早々大きな震災が起こり、連日のニュースでも被災地の現状を伝えている。

「こんなときに自分だけ楽しむことをするなんて何だか申し訳ないような気がする。」というお話をお聞きすることがあります。

MIZUHO1796002_TP_V4

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。


自分だけが楽しい思いをするなんて申し訳ない、と思うあなたは、心優しい方だと思うのです。

そう思うときのあなたは

被災地の方と痛みで繋がろうとしてる状態、と言えるのではないかと思います。

あなたは誰かと繋がろうとしてるのだと思います。

自分だけが、と思うのは

みんなと一緒に幸せになりたいと願ってるから、ではないかと思うのです。



でもね、

人と繋がるとき、痛みで繋がることも出来れば、少しでも相手が笑顔になることを願う、ということで

繋がることも出来るんじゃないかと思うのです。


とはいえ

言うが易でそう簡単に気持ちを切り替えられないかもしれません。


それでも、痛みだったとしてもあなたは誰かと繋がろうとしてるんじゃないかと私は思います。

相手の痛みに共感しようとしてるのかもしれません。

相手を思ってる度合いだけ、申し訳なく感じてしまうのだと思います。それはあなたの中に愛があるからだと思います。

おそらくですがこの悩みは、自分よりも相手を優先する傾向にある方に多いのかもしれないなと思います。

いま、繋がりかたを見直すことが必要なのかもしれません。

相手を思いつつも自分の心を整えることも大切ではないかと思います。

だから、あなたの心が出来る範囲でもいいので、楽しむことを取り入れてもいいのですよ。


そう言われてもやっぱり気が引けてしまうときには、その思いを誰かに聞いてもらうことも一つの方法かと思います。あなたが話しやすい人に話すことでも少しは心が軽くなるかもしれません



                                                           

【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。お試ししてくださいね。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。
電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。

オンラインをご希望の方は予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。
時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。

電話カウンセリングは初回無料です。
2回目以降は
4回セット 14,300円(税込み)
単発(1回)5,280円(税込み)
をお選びいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング

【オンライン面談カウンセリング】(ZOOMでの面談カウンセリングです)
ご自宅にいながらオンラインカウンセリングが受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 
【ご意見・お問い合わせ】 
ブログのご感想やご意見などありましたら「カウンセリングサービスお問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム内にある  「お問い合わせジャンル」から「カウンセラーへのメッセージ」を選択して頂き、前田薫宛とお書き添えください。
こちらをクリック→ カウンセリングサービスお問い合わせフォーム

  
【お知らせ】
YouTube「カウンセリングサービスチャンネル」が開設されています。
恋愛やパートナーシップについて、職場や友人家族などの人間関係をよくするヒント、心理学講座、過去の講演などの動画を配信しています。是非ご覧下さいね。


地震、飛行機の事故で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしています。

新年早々大きな出来事が続いていますが、一日も早く穏やかな日々が戻りますようにと願うばかりです。

Photoelly002_TP_V4

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

2024年もどうぞよろしくお願いいたします。


このようなときに何を書けばいいのか迷いました。

私は福井県在住ですが、かなり揺れました。海沿いに住んでいるのと、お正月で孫もいたため、一時避難していました。しばらくして避難警報も解除され自宅に戻ることが出来ました。



息子がまだ小学生だった頃、被災地のニュースを観て言ったことを思い出しました。

ねえねえおかあさん、ぼくってぜいたく?
あったかいごはんがたべられて
あったかいおふとんでねられる


普段は当たり前なっていてつい忘れてしまう「有り難さ」

当たり前は、有り難いのだ。


車で避難してしばらくしてから、自分の心臓がバクバクしていることに気がつきました。そんなときに届いた先輩や友人からのLINEに泣きそうになりました。つながりを感じられることがこんなにも有り難いものだと思いました。


大切な人とちょっとしたケンカになって、まさかそれっきりになるなんて思わなかった。
災害ではないのですが、苦い経験があります。

大切な家族や友人も、有り難い。


また、「後でやっておこう」「今度でいいや」と先延ばしにしてしまうことも、今日できることは今日やった方がいいのかもしれない。


1日1日を感謝の気持ちを持って過ごしていきたいと思います。



今年もよろしくお願いします




                                                           

【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。お試ししてくださいね。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。
電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。

オンラインをご希望の方は予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。
時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。

電話カウンセリングは初回無料です。
2回目以降は
4回セット 14,300円(税込み)
単発(1回)5,280円(税込み)
をお選びいただけます。

詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング

【オンライン面談カウンセリング】(ZOOMでの面談カウンセリングです)
ご自宅にいながらオンラインカウンセリングが受けられます。
詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
 
【ご意見・お問い合わせ】 
ブログのご感想やご意見などありましたら「カウンセリングサービスお問い合わせフォーム」をご利用ください。

お問い合わせフォーム内にある  「お問い合わせジャンル」から「カウンセラーへのメッセージ」を選択して頂き、前田薫宛とお書き添えください。
こちらをクリック→ カウンセリングサービスお問い合わせフォーム

  
【お知らせ】
YouTube「カウンセリングサービスチャンネル」が開設されています。
恋愛やパートナーシップについて、職場や友人家族などの人間関係をよくするヒント、心理学講座、過去の講演などの動画を配信しています。是非ご覧下さいね。