◆前田薫 

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
大阪地区担当 まえだ・かおる
 
自分を好きになるのって難しいね
私自身も自己嫌悪と向き合い奮闘中のカウンセラーです

両親、特に母親との関係に悩んだことがきっかけで、心理学に興味を持つ。
対人関係や親との関係などで悩んだ自身の経験から学んだことを活かし
感覚的で一緒に考え提案していくスタイルが得意。

田舎のおばあちゃんに話を聞いてもらうような包容力で、母性的で柔らかい雰囲気のカウンセリングには定評がある。
お客様からは「味方になってくれる感じがする」「話しながら気付かされる「客観的に見ることが出来た」等のご感想が多く幅広い世代の方にご支持を頂いています。

主な得意ジャンル
自己嫌悪・人付き合いの悩みなど対人関係全般・家族の問題・母娘の問題・毒親・パートナーシップ全般・主婦の引きこもり・宗教の問題 など

50代 既婚 福井県在住 成人した娘と息子(ともに社会人)がいる
最近孫が生まれて、本当におばあちゃんになりました♪
今は主人と二人で生活している。幸せなパートナーシップを実践中

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

DSC_0228 - コピー  ブログ用

どちらかに決めなくちゃいけない、でも決められない。そういうときイライラすることがあります。「失敗してはいけない」そう思う気持ちが強いほど、決められなかったり、決められない自分にイライラしてしまうのかもしれません。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

私自身も決めるのは苦手です。どっちも五分五分っていう場合、モヤモヤします。イライラします。そして八つ当たりしてしまいます(^_^;

どちらか選択するとき、自分なりに明確な理由、納得出来る理由があると案外簡単に決めることが出来るんですけどね。つい最近では、こんな例がありました。

我が家も最近、ドライブレコーダーを購入しました。ドラレコには「撮影中」という2種類のステッカーが添付されていました。主人がどっちを張ろうか迷っていて購入後2週間ほど保留していたのです。

こういうとき、「どっちを貼ってもいい」という答えの出し方もありますよね。ぶっちゃけただのステッカーだし。後続車にドラレコ撮影中とわかればいいんですから。それに、慌てる必要も無い。ただ、ステッカーを貼ることは迷惑運転をする車に対する抑止力になるので、あるんなら貼っといた方がいいなと思っていました。
まあ、義務ではないので、貼らないという選択もあります。

なかなか貼らないので主人に聞いてみると、貼る位置を迷っていたようなのです。「だったらマスキングテープで仮止めして後ろから見てみたら?」と提案すると、「おぉ!」と好反応。でも、何をまだ迷っているのか貼りませんでした。(う~ん…腰が重いところもあるからなぁ(^_^; )

あるとき主人の机に放置してあった2種類のステッカーを何気に見ました。横の長さがちょっと違う2つのステッカー。小さいものは黒い文字の黄色いステッカー。大きい方は、同じように黒い文字の黄色い部分の横に、黒いカメラのイラストがついたものでした。黄色い部分だけを見るとほぼ同じ大きさ。おそらく後続車から見たら、黄色の部分しか見えなくて、どちらも同じ大きさに見えるんじゃないかと思いました。

そこで私は再度提案しました。
「どっちを貼っても黄色い部分は同じ大きさだから、どっちを貼っても一緒だと思う。ステッカーって劣化して剥がれるようなことってあるの?もしも剥がれて張り直すようなことがあるって考えたら、最初に小さいステッカーを貼って、張り直すときに大きなステッカーにしたら、剥がした跡が隠れるんじゃないの?」この意見が腑に落ちたのか主人はすぐに小さい方のステッカーを貼ったのです。

いつもこんな風に決められたらいいんですが、私はまだまだ決められないことの方が多いんです。

上記のような場合だったらスッキリするのですが、どっちも選べない、どっちの選択にも一理ある、というときに迷います。Aにはこんな長所があるけど、B似もこんなメリットがある、というように。

決められないとイライラします。決められない自分にイライラするんです。しまいには主人に八つ当たりしてしまうこともあります(^_^;

PAK56_midorrinonakanobench_TP_V4

選択を後悔するとき


Aを選択するかBを選択するか。迷いに迷って仮にAに決めたとします。

でも、その選択を後悔するのは失敗したと感じたとき。Aにするんじゃなかったと後悔します。

でも多分、Bを選択しても同じこと。失敗したと感じたら、Bにするんじゃなかったと後悔すると思います。

どっちを選んでも失敗したとき、上手くいかなかったときに、「こんなはずじゃなかった」と後悔してし舞います。

そんな自分を責めてしまうので、いつまでも辛くなります。

だから、決められないあいだは、後悔しなくて済むので、決められなくてイライラしたとしても、決められない間は後悔しなくて済む、と思ってしまうのかもしれません。

決められない理由は、自分の意見を言っても結局親が決めてしまう、など、親との関わりのなかにある場合もあります。当時の自分の気持ちとか、親がなぜ決めてしまうのか等に向き合っていくことも大切です。

選んだ結果を受け止める練習


私も決めることが苦手です。私が先輩カウンセラーから提案されたのが、自販機のジュースの選択でした。そもそもこれは、自分の好きなものを選ぶ。値段じゃなくてその時自分が飲みたいもの、というものだったのですが、もちろん、それも意識しました。が、こんなこともありました。

時には、普段飲んだことがないジュースが自販機に並んでるときがあります。どんな味がするんだろう?どっちを選ぼうか?う~んと迷って選びます。美味しかったらいいのですが、あんまりおいしくなかった、思ったような味じゃなかった、なんていう時はやっぱり後悔するもんです。

でも、これは私が選んで私が決めたんだ。と、受け止める練習(っていうと大げさかもしれませんが(^_^; )をやっています。

選択して、自分の思うような結果が得られなかったとき、どうしても自分を責めてしまうのですが、それは、選んだ結果を受け入れられないからだと思ったのです。

「んもーバカぁ。なんでこっちのジュースを選んだのよー。あっちにすれば良かったのにー(>_<)」と、かなりしつこい(^_^;

だけど、飲んだことがないジュースって、どんな味がするのか美味しいか美味しくないか。飲んでみないとわからないですよね。

それに「うわっこれ美味しい♪」と選んだジュースが美味しかったことだってあるはず。←この“はず” 選択して良かったことって案外覚えてなかったんです。

こんな些細なことから練習しています。もしよろしかったら参考にしてみてくださいね。


  *  *  *  *  *
【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。

電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。
予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。

時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング
 
【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらをご覧ください。
※2021年4月6日をもちましてこちらの施設利用を終了いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)



人に迷惑をかけてはいけませんよ。
私たちは子供の頃から教わってきました。でも
何が迷惑なんだろう?ってわからないまま、迷惑をかけないことそのものに一生懸命だったんじゃないでしょうか。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

TOMS526519_TP_V4

何が「迷惑」なんだろう?


スーパーに買い物に行くと、小さい子が大泣きしてる場面をよく見ます。欲しいものを買ってもらえなかったのか、買い物に付き合わされて不機嫌になったのか。

そんな場面をみたとき、どう感じますか?

「ああ、泣いてるなぁ。私らもあんな頃、子供によく泣かれたよなぁ」と思いながら見る人もいれば

「うるさいなぁ!静かにさせんかい!」と思う人もいるでしょう。

この場合、迷惑だと感じてる人って、後者ですよね?
何を迷惑とするかって、人の感じ方によっても違うんじゃないかと思うんです。

何が迷惑か。自分なりに学んでいく


人に迷惑をかけてはいけませんよ。
私たちは子供の頃から教わってきました。でも、何が迷惑なんだろう?ってわからないまま、迷惑をかけないことそのものに一生懸命だったんじゃないでしょうか。

例えば上記の場合だったら、

もしもこんな場面で「うるさいなぁ!」と怒られたとしたら、迷惑をかけてしまったと感じると思います。おそらくそうやって、「これは人に迷惑をかける行為なんだ」というふうに学んで、以後気をつけるようにしていくんだと思います。

でもそこに、「人に嫌われたくない」という恐れが強かったりすると、人に迷惑をかける行為に敏感になって、二度としてはいけない、くらいの厳しいルールを自分に課してしまう場合もあります。

でもそれよりももっと以前。人に迷惑をかけてはいけない、と言われて、

例えば、親が嫌な顔をした、というだけで「迷惑をかけてる」と感じてしまう

ということもあると思います。

私は子供の頃よく風邪をひいたのですが、学校を休みたいというといつも母親から「迷惑そう」な顔と声で体調を聞かれました。こんな出来事ひとつでも、「自分は迷惑をかけているんじゃないか」と解釈する場合もあると思います。

迷惑そうに「感じた」だけで誤解だったのかもしれません。実際迷惑がられたのかもしれません。

もし事実だったとして、迷惑だって感じたのは、相手の都合じゃないでしょうか?

自分を「迷惑な存在」だと思ってしまう


人に迷惑をかけてはいけない。でも、迷惑をかけてしまった。
そんな自分をつい責めてしまう方は、迷惑をかけてはいけないことに敏感になって、更に自分に厳しいルールを作って…。

そんなことを積み重ねていくうちに、自分自身を迷惑な存在、と誤解してしまうのかもしれません。

でも、完璧に人に迷惑をかけないようにするのは、無理だと思います。

やっぱり人間は完璧じゃないから。
それに、先にも書いたように、子供が泣いてる様子を、微笑ましい目で見る人もいれば迷惑と感じる人もいるように、感じ方も人それぞれで、迷惑の定義も違うんじゃないかと思います。

もちろん、犯罪レベルの人に迷惑をかける行為はしてはいけませんが、人に迷惑をかけることについて敏感な方は、自分がどのくらい自分に厳しくしてるのかを見つめ直してみてはいかがでしょうか

もしよろしければこちらもご覧下さい

私は迷惑な存在?



 *  *  *  *  *
【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。

電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。
予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。

時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング
 
【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらをご覧ください。
※2021年4月6日をもちましてこちらの施設利用を終了いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)




あの時はそうせざるを得なかったんだ
もしも、あなたが今でも自分を責めてるとしたら、あの時の自分を許してあげようと思ってみてください。自分が自分の味方になってあげようって思ってみてください。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

ドラマ「ドラゴン桜」に登場する平手友梨奈演じる楓という女の子。第1話で彼女はコンビニで万引きをします。その様子を主人公の弁護士、桜木(阿部寛)に見つかってしまいます。

楓は将来オリンピックの出場を有望視され、有名大学からもスカウトが来るほどのバドミントンの選手。家では元バドミントン選手の両親から、幼い頃から英才教育を受け、オリンピックの出場を期待されています。が、自分の膝の調子が思わしくないことに不安を感じているようでした。

楓の家庭は経済的に余裕がない、というわけでもないし、それが高額で手に入らない、というわけでもない。たかがお菓子ひとつをこっそりポケットに入れてコンビニを出るのです。

彼女は自分の精神のバランスを保つために、悪い子の部分というか「アンダーグラウンド」が必要だったんじゃないかと思います。

ELL75_hanasakuniwa_TP_V4

話は変わります。私の話をします。

こう見えて子供の頃の私は優等生でした。両親も、優等生な私が嬉しかったんだろうなと思うし、私自身も素直に嬉しいと思っていたと思います。

でも、優等生でいられたのは小学2年生頃まででした。

理由は思い出せないのですが、だんだん勉強が難しくなったのか成績は下がるし、宿題が嫌で出されたプリントをため込むようになってしまいました。同時に、忘れ物もよくするようになりました。

両親には「しっかりしなさい」等とよく叱られるようになりました。でも、ご近所など周囲の大人は相変わらず「かしこい子」「しっかりしてる子」と言っていました。そういえば、当時は疑問にすら思わなかったのですが、そのご近所など周囲の大人はどうして私を「かしこい子」と認識していたのだろうか?と思います。

4年生の頃は最悪でした。私は担任の先生にもよく叱られるようになり、ビクビクするようになりました。家庭訪問でも私の不出来を先生が親に話すので、ばつが悪かったのを覚えています。私は小学校で唯一この先生だけは苦手だったので心細さみたいなものを感じていたと思います。誰も味方がいないように感じたんだと思います。

さらに私は優等生どころか、忘れ物一等賞という不名誉な賞を取ってしまいました。宿題でため込んだプリントをやっとまとめて提出しようとしたとき、同級生に見られてしまいバカにされたこともありました。

当然親はがっかりするし、なぜか周囲の大人の態度も少しずつ変わってきたように感じました。優等生に対する態度ではなくなってきたんです。ただここには誤解があって、今振り返ってみると、態度が変わったと感じた大人はごく一部でした。でも当時の私には、ひとりの大人の態度が大勢の態度に感じていたようです。

そんな頃でした。私は、咲いてる花になぜかイライラして、知り合いの家の花壇を荒らしました。

*****

ドラマを観ながら上記のことを思い出しました。

あの頃の私は、同級生に嫌われるのも怖かったけど、両親や先生や周囲の大人、大人の態度が変わるのが怖かったんだと思います。まあ、そうだろうなと思います。大人に見捨てられたら生きていけない、くらいに感じたんだと思います。その後、5年生になって勉強の成績は一時持ち直すのですが、また成績は下がり始めます。いつも不安や焦りでいっぱいだったなと思いました。いい子でいなくちゃいけないっていうプレッシャーってほんっとしんどかったなぁって思います。

こういうことを人に話すのはとても勇気が要るし怖いと感じると思います。私も、カウンセリングとはいえ人に話すまでに時間がかかりました。

もしもあなたが似たような経験をされて、今でも自分を責めてるとしたら、「そうせざるを得なかった理由」があるはずです。先ずはそんな自分を許してあげようと思ってみてください。あの時はそうするしかなかったんだって自分に何度も言ってあげてください


 *  *  *  *  *
【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。

電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。
予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。

時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング
 
【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらをご覧ください。
※2021年4月6日をもちましてこちらの施設利用を終了いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

いままで仲が良かった友人と、最近話が合わないなぁと感じるし、そもそも会いたいと思わなくなってきた。無理して付き合うことも出来なくはないけど…、なんか気が進まない。無理したくないなぁ。

そんな自分が冷たくなったんだろうか?と自分を責めてしまう場合もあるようです。いわゆる「ステージが上がる」とき、このような変化を感じるのだと思います。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

人は成長していくから


自分の気付かないうちに成長していたり、または、自分を大切にしていくことにチャレンジした結果、今までの対人関係に違和感を感じるようになることがあります。

今まで仲が良かった友人なのに、なんか最近話が合わない。以前は頻繁に会っていたのに、あんまり会いたいと思わなくなってきた。

そんな風に感じる自分に違和感を感じると思います。「なんでこんな気持ちになるんだろう?」「私が冷たくなったんだろうか?」というように。

特に友人に何かを言われたわけでもない、以前だったら絶対盛り上がってた話なのに、

というような場合もあれば

頻繁に電話してくる(メール、LINEなど)友人に付き合いきれないと感じる、以前は夜中までしゃべってたのに、というように

自分の変化に気付く理由は人それぞれ、色々あるようです。

あまり会いたくない、連絡を取りたくないと思うと、なんとなく距離を置くようになると思います。そんなとき周囲の人間から、まるで足を引っ張られるようなことがあったり、何かと攻撃されると感じることがあります。あなたが先のステージに行くことで、相手が寂しさを感じたり、羨ましいと感じて嫉妬してしまうのだと思います。

例えば今までだったら夜中までしゃべっていたのに、あなたに早く切り上げようとされたことで「冷たくされた?」「嫌われた?」と感じて攻撃的になる、なんてことが起ったりします。
ELLY120064838_TP_V4 (1)

私たちは変化が怖い


すると、相手が言ったとおり自分が冷たくなったのか?と思って無理に相手に合わせようとする、かもしれないし、

あなた自身も友人と距離を置くことで寂しさを感じると思うので、寂しさを感じたくないから友人に合わせてしまう、ということをする場合もあるでしょう。

私たちというのは、例えそれが幸せになる、ということだったとしても、変化することに不安や恐れを感じるものなんです。今までの慣れ親しんだ人との関係、人との付き合い方を変えることに不安を感じるんです。

でも、相手に「無理して」合わせたくないなぁ、と思いながら今まで通りの付き合いを続けていくと、ある日急に「もう無理っ!」とばかりにご縁を切りたくなってしまう、ということが起きてしまうことがあります。だって「無理」だと感じているのですから。

なかでも最近よくお聞きするのは「急にLINEをブロックしたくなる」「ブロックしてしまった」というもの。

あなたがもし、誰かをブロックしたとしたら、そんな自分を、どうか責めないでください。

あなたも、あなた自身の変化に戸惑っていただろうし、きっといっぱい悩んだと思うのです。その時は、それしか方法が見つからなかったんだと思います。自分のステージが上がるとか、そんなのわからなかったと思います。

どうか自分を責めないでください。

「一足お先に♪」「こっちは楽しいよ~」という目線を持つ


ステージが変わると感じる方の気持ちを見ていくと、決して相手が嫌いになったわけじゃない、と仰る方が多いんです。「嫌い」というより「合わないと感じる」ここが混乱しているので、自分が冷たくなった?と誤解されるようです。

ステージが変わる、という言葉の表現をしますが、これは「卒業」という意味だと思います。

中学から高校へ
高校から大学へ、または就職へ、というように

そのステージでの学びが終了した、ということなのだと思います。

それは、今までいた仲間と離れて、ひとりで進む、というあの感じに似てるかなと思います。

だからひとりになるような感じがするし、当然寂しさも感じると思います。不安や恐れをいっぱい感じる頃だと思います。だけどその先には新しい対人関係が待っていますよね。恩師や同級生との縁がぷっつり切れたわけでもない。

人生の目標も、歩むスピードも、人それぞれ違います。だから、ステージが変わるというのは当然のことなんだと思います。また、ただ進む道が違うだけ、という場合もあります。

もしも、あなたが自分らしく生きることを選択して、あなたの足を引っ張ろうとする人がいるのなら、残念だけどその人はそこまでの人だったのかもしれません。変わりたくないと抵抗してる人なのかもしれません。

それでも、距離を置く人に対して寂しさや罪悪感を感じるのだとしたら、

「一足お先に行くよ♪」「こっちは楽しいよ~」という目線をもって、いつか同じステージでまた会えることを信頼してみる、というのはいかがでしょうか。

あなたの人生に必要な人だったら、またこの先きっとご縁がありますから


 *  *  *  *  *
【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。

電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。
予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。

時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング
 
【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらをご覧ください。
※2021年4月6日をもちましてこちらの施設利用を終了いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

私さえ我慢すれば穏便に済む
私が謝っておけばいい

でもこの方法は、どんなケースでも使える「万能薬」ではなかったのです。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

前回のブログ
では、「謝ることを止めてみる、という提案をしました。今回はその理由を書こうと思います。

かえって不信感を持たれてしまった。


ここでは詳しいことは書けないのですが。
もう30年もまえのことです。当時の私は既に、

「私さえ我慢すれば穏便に済む」
「私が謝っておけばいい」

という考えを持っていました。

あるとき、職場で不具合を指摘されました。

理由がよくわからない私は、わからないまま、ついいつもの癖で「すいません」とすぐに謝ってしまいました。

ですがその理由をまとめ役の方に聞くと、それは本人が悪い、本人にしかわからない、こちらではどうしようもない、という事柄だったのです。

私はそれを聞いて、私のせいじゃないんだ、と思ったら急に怒りが湧いてきました。

ですが、不具合を指摘した人は、私のミスだと思っているので、私に対して怒りと不信感を持ってしまったのです。どうしようも出来ませんでした。


この出来事はその後何年も引きずることになります。

「あの時どうして簡単に謝ってしまったんだろう?」
「私のせいじゃないのに」
「相手のミスなのに、相手が悪いのに」と。

自分に対しての苛立ちと、相手に対する怒りはなかなか消えませんでした。

ogasuta458A8165_TP_V4

どんなケースにも使える「万能薬」ではなかったのだ


私さえ我慢すれば穏便に済む
私が謝っておけばいい

これはいつからか自分の中にできあがったルール。そのルールは、自分を守るために出来たものでした。

でも、どんなケースにも使える「万能薬」ではなかったのです。

嫌われたくないから、という理由で考えついたルールだったはずなのに、結局嫌われてしまう、信頼も失ってしまう、という結果になってしまったのです。

私さえ我慢すれば穏便に済む、私が謝っておけばいい、

この方法が本当に穏便に済んでいるのか。本当に役立ってるのか。ここはきちんと向き合う必要があるようです。

前回のブログで、

「それは私のせいじゃないのにな」と思うときも謝ってるとしたら、それを止めてみることにチャレンジする

と提案したのは、こんな理由からです。

周囲は穏便になったとしても、自分の心の中は穏便でしょうか?


嫌われずに済んだ、と思えたらその瞬間は穏便に感じるのかもしれませんが、「自分が悪いと思ってないのに謝る」ってことは「自分に嘘をついている」ってことですよね。

人によっては「わたし、ほんとは悪くない」って思ってる自分を見ないようにしてるかもしれません。だから普段は気付かないかも。でも、

私のような体験をすると、きっと、一気に怒りが湧くんじゃないかと思うのです。ひとつの出来事がきっかけですが、見ないふりしていた怒りも一緒に出てきたんです。同じような出来事を芋づる式に思い出してしまい、余計に怒りが消えなかったんです。

なので私の体験した出来事は、本当の自分の気持ちに気付かせてくれた、とも言えます。

「私が謝っておけばいい」これが役に立つ場合もあります。


例えばこんなとき。

主人の実家に帰省したときには、義母の買い物に付き添うのですが、最近では、義母は高齢なのでレジでお金を出すときに時間がかかるようになってしまったのです。なので私が気を利かせたつもりで支払いを済ませると義母に、

「薫さんが払ったから、1万円を出してお金崩したかったのに出来なかった。」と言われちゃったことがあったのです。そこで反論するつもりはなかったので、「そうだったんですね。すみません」といって、近くのATMで両替をして義母に渡しました。

なんでもそうなのですが、ゼロか100かではなく、その場に応じた対応が出来ればいいのではないかと思います。そして、

そもそも「私が謝っておけばいい」そう思うようになったきっかけは何だったのでしょうか。

そのきっかけに向き合ってみることもお勧めします。こんなルールを作らなくちゃいけなかった理由があるはずです。そんな自分にちゃんと寄り添ってあげましょうね


*  *  *  *  *
【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。

電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。
予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。

時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング
 
【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらをご覧ください。
※2021年4月6日をもちましてこちらの施設利用を終了いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)


私さえ我慢すれば穏便に済む
何でも自分のせいにしてしまう

その理由がもしも「自分のせいにしておいた方が楽」と思うとしたらあなたは、自分にエネルギーを使うことに疲れてしまったから、かもしれません。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。


PAK86_miagerebamidori1226_TP_V4

まるでオートマチックに自分のせいにしてしまう


カウンセリングでお話をお伺いしていると「私さえ我慢すれば穏便に済む」「何でも自分のせいにしてしまう」というお声をよく聞きます。最近もよくお聞きしたので書いてみようと思います。

「私さえ我慢すれば穏便に済む」
「何でも自分のせいにしてしまう」

まるでオートマチックにこのように思ってしまう方は多いと感じています。その多くは、波風を立たせたくない、という理由だと思います。平和を望む優しい方だと思います。

ですがお話をお伺いしていると、

「取りあえず私が悪いことにしておけば嫌われずに済む」とか
「なぜかわからないけど相手をイライラさせてしまうみたいなので謝っておこう」など、

はっきりとした理由もわからないまま謝る方もいらっしゃいます。
そういう方のお話を更にお伺いしていると、

「自分のせいにしておいたほうが楽」

と言われる方も多くいらっしゃるのです。

「自分のことをわかってほしい」を諦めてしまったのかも


でも、すべてがそうじゃなくて本当は

「私のせいじゃないのにな」と思うときもある、だけどいつもの癖でつい謝ってしまう。

本当は私のせいじゃない、私のせいにしないでって言いたい。だけど言えない。

その多くは「嫌われたくないから」ではあるのですが…。


子供の頃、まだまだ未熟な頃は、親から怒られるのは自分が悪いからだと思います。未熟ですから当然、いま思い返してみて、確かにあれは自分が悪いよなと思えることはあると思います。

でも、

いつの頃からか「それも私が悪いの?」と疑問に思うことも出てくると思います。納得いかないけど私が怒られてしまう。

やっぱり私が悪いのかな?と思いながらも友達に相談してみると、「あなたは悪くないよね?」みたいなことを言われて、ほらやっぱりと反論しても、更に怒りを増して怒られたり時には泣かれたりして、自分の言いたいことが言えなくなってしまうし、親を泣かせることに罪悪感を感じてしまう。

もしもそんなことが繰り返しあったとしたら、もう面倒になって「はいはい、私が悪いです」って言っておけばさっさと済む。そんな風に思ったのかもしれません。

これは一例ですが、

自分のことをわかってほしい、ということにエネルギーを使うことを諦めてしまったのかもしれません。そして、このパターンを他の対人関係でも使ってしまうのだと思います。

謝ることを止めてみる


「えええええーーーーー謝ることを止めてみる!?」

と思いましたか?

「そんなの無理じゃん」
「怖いんですけど」

って思いましたか?

そう思ったとしたらそれが、「自分のせいにしておいた方が楽」と感じる理由なんだと思います。


すべてにとは言いません。
もしかしたら自分に非がある場合だってあるかもしれませんからね。

「それは私のせいじゃないのにな」と思うときも謝ってるとしたら、それを止めてみることにチャレンジするんです。


なんでもかんでも自分のせいにしておけば穏便に済む

それは本当に、自分を守る方法だったのでしょうか
それは本当に相手に嫌われずに済む方法だったのでしょうか

もしも自分のせいにしていても上手くいかなかった場合、

「私が悪いです」って認めてしまうから相手に責めらてしまう、ってことはないでしょうか?


自分のことをわかってほしい、ということを諦めてしまったのだとしたら、いまこそ、自分が自分のことをわかってあげる時ではないでしょうか。

何でもかんでも自分のせいだと片付けないで、きちんと精査してあげませんか



☆K-1グランプリ2021春 が開催されます。詳しくは こちら をご覧ください

 

 *  *  *  *  *
【カウンセリングのご案内】
完全予約制となっております。
お申込みは、予約センターまでお電話ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 

【初回無料電話カウンセリング】
初回無料の電話カウンセリングを行っています。
お客様の電話代のみで、カウンセリング料金は無料となっております。
詳しくはこちらをご覧ください→ 初回無料カウンセリング

【電話カウンセリング】
電話カウンセリングは、電話やオンライン(ZOOM・音声のみ)で行う45分間のカウンセリングです。

電話カウンセリングをオンライン(ZOOM)でもご利用いただけます。
予約時に「電話カウンセリングをZOOMで希望」とお伝えください。
ZOOMの電話カウンセリングは音声のみです。ビデオ通話はご利用いただけません。

時間帯は主に、10時~、11時~、13時~、14時~、22時~でご用意しています。
詳しくはこちらをご覧ください→ 電話カウンセリング
 
【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらをご覧ください。
※2021年4月6日をもちましてこちらの施設利用を終了いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください→ 面談カウンセリング

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)